有酸素運動を楽しみながら地道に

毎日続けている筋トレ、ランニング、縄跳び

ダイエット。。 私にとって永遠のテーマとなっています。
外見上そう太って見えない人でも内臓に脂肪が溜まり健康的に悩んでいる方も多いでしょうね。

私の場合は内臓よりも外から見える所に脂肪が付いています。

特に中年以降は二の腕やお腹周りです。 特に夏には目立つので何とかしたいと思ってはいます。

脂肪を減らすには有酸素運動が良いとよく言われていますね。
私も毎晩長年ゥォーキングを続けていました。 それでも食欲の方が勝ってなかなか理想の体重や見た目にはなっていません。

でもここ数年あまり歩かない生活をしていて良くない変化が起こって来ました。
それは筋力の衰えです。

その為関節に負担が行き痛みを感じる様になって来ました。
歩く事は脂肪を減らす意外にも普段から必要な事だと今実感しています。

甘い物や脂っこい物さえ食べ過ぎなければ歩く運動は脂肪を燃焼させる良い運動だと思います。
と言うか基本の人間としての最低限の必須運動だと思います。
昔の様な自然に身体を動かしていれば脂肪で悩む事も少なくなって来るのではないでしょうか。
私ももう一度歩く事から脂肪を減らして行けたらと決心した所です。

歩く事を楽しみながら脂肪も減らせたら一石二鳥ですね。

40代は皮下脂肪が垂れてくる!!

何と言ってもお腹の下辺りのお肉がみにくいです!!出産したのでしかたのないことと思っていましたが、40歳を過ぎるとさらに筋肉のたるみもでてきて本当にだらしない下っ腹になります。

もともとそんなに太っていないのもあり、下っ腹だけぽこんとめだつのですが、みんなこんなものかな?とやりすごしていました。でもお腹だけでなくておしりの周りなどの肉もたれ始めると、全滝的にだらーーんとした下半身になります。皮下脂肪を燃焼させることはたいへんなことです。とくにこの歳になると更に大変。

でも今諦めたらこの先垂れる一方だとおもって、一念発起してできる範囲でのストレッチを始めました。

むりしちゃうと続かないので。でもすこしやるだけで腹筋が変わってきたのがわかりストレッチを毎日するのがたのしいです。

肉体改造もどきでがんばってまずはお腹周りの皮下脂肪を腹筋をつけることでなくし、おしりと太もものあたりの垂れた脂肪をその辺の筋肉を鍛えてヒップアップをめざしています。

やっただけ効果があって裏切らないので楽しいのですね。ある程度までこんな感じでがんばってみたいとおもいます。

あれから少しメニューを増やして・・

私は、決心してから毎日、筋トレ、ランニング、縄跳びをしています。

ランニングをしていて気になるのは、下半身の重さと体幹の弱さです。
長距離を走っていると、体幹の筋肉がしっかりしないと走る体勢が崩れ、膝や腰に負担がかかり、故障の原因になります。
それが、徐々に垣間見えるようになり、筋トレ、縄跳びをプラスして毎日行うようになりました。

現在、体脂肪率は28%あります・・・なんとしてでも10%代にしたいと考えています。
そして、起床時、運動後に必ず、体スキャン付きの体重計で体重、体脂肪率などを計測しています。

筋肉を鍛えると重くなるので、体重はあまり気にしませんが、体脂肪率、内臓脂肪率はとても気になります。
やはり毎日の運動の効果は大きく、体脂肪率も数%ずつ減少はしていますが、今ひとつといった印象でした。

そこで、もう一つ始めたのは、リンパマッサージです。
もともと筋肉質なのですが、運動をやめていた時期があり、一気に脂肪がつき、そこから運動を始めたので脂肪がついた周囲に筋肉がつき、足は引き締まっているのに太く見えるような状態になってしまっているのです。

脂肪が少しでもなくなるように始めたんですが、徐々に細くなっているのがわかるようになり、以前までパツパツで履いていたズボンが少しスラッとなるようになりました。
脂肪が見えるように落ちていくってとても気持ちがいいんだなと感じています。

健康維持に適度な筋力トレーニングと漢方薬の併用はどうですか?

30を超えたあたりからと基礎代謝が低下し、脂肪がつきやすくなるのでどうしても出てくると思います。皮下脂肪や内臓脂肪を年々蓄えることで高血圧や糖尿病になりやすくなるといいますよね。

健康的に過ごしたい方のためには当たり前ですが、適度な運動や生薬を配合しているサプリ、ナイシトールでダイエットすることによって糖尿病リスクを少しでも減らすことは出来ると思います。

また、基礎代謝を上げるように努めることも大切です。
いきなり健康診断で運動しましょうと言われてウォーキングをはじめたけどなかなか結果が出ない方も多いのではないでしょうか?

ダイエットで注目すべき点は基礎代謝です。

基礎代謝を上げれば食事量などを減らさなくても脂肪は燃焼されていきます。
とこがこの基礎代謝はウォーキングなどの有酸素運動では高めることは出来ません。
逆に長時間の有酸素運動は基礎代謝を下げる原因にもなってしまいます。

基礎代謝は筋肉量が増えると高まります。
そこで必須となるのが筋力トレーニングです。
有酸素運動よりも筋力トレーニングの方がダイエットに効果的です。

自重のトレーニング(腕立て伏せ、スクワット、クランチなど)も効果は出ますが、一番オススメなのはフィットネスジムに通うことです。
マシントレーニングはより効率よく筋肉にアプローチをかけてくれますし、何よりもトレーニングに対するモチベーションも上がります。
今やフィットネスジムは通っていて当たり前になりつつあります。
基礎代謝をあげつつそれと併用で生薬がたくさん配合されている漢方を一緒に取り入れててみてはいかがでしょうか?皮下脂肪や内臓脂肪対策にすごくオススメなんです。

内臓脂肪を減らすには、日々の二択の正しい選択がポイントです!

皮下脂肪は、体の表面近くなので運動療法が効果的ですが、内臓脂肪対策には、食事療法の方が効果的です。内臓脂肪は、脂肪分の多い食事を摂取しすぎると脂肪がつきやすくなります。

内臓脂肪を落とそうと、食事の回数を減らしたりすると、体が栄養失調になり、体を守るために脂肪を蓄えるようになります。これでは逆効果です。良質性のタンパク質を多く撮るように心掛けることが大切です。

例えば焼き肉が好きな人にオススメなのが、大豆の五目煮に鶏肉を少しだけ入れたものを主菜として食べてみるのがオススメです。

お肉好きにお肉を急にカットするのは、ストレスになりますから、少しだけ鶏肉を加えましょう。

油を使っていないで煮ているので余分な油を摂取しなくていいですね。
また、大豆のイソフラボンは良質性のタンパク質ですし、一緒にこんにゃくやれんこん、ごぼうを入れれれば、体の老廃物を排出するのを助けてくれます。

根菜類は、食感がしっかりあるので、食べ応えがあります。
食卓に並べると、大豆の五目煮は地味ですが、大豆も乾物のものを戻して使うなど工夫すれば、噛みごたえのある食事になります。

「食べ応え」を意識するだけで、内臓脂肪を減らすことのできるヘルシー料理を食べ続けることができます。

「食べない」選択肢をするより、油分の摂取を減らす調理方法を考える方がずっとストレスは減ります。

献立の選択が内臓脂肪を減らすカギですね。つまり焼く料理よりも煮る料理。動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質を摂取するという選択が内臓脂肪を減らせます。

お肉も全く摂取しないのも、肌荒れの原因になりますので、少量を摂取するほうがいいですね。

無理のない方法がストレスがなく、内臓脂肪を減らす食事方法を継続する力になるのではないでしょうか。

毎日続けることが一番のコツです!

お腹周りのたるみが気になりだし日々焦っています。仕事も事務なので、あまり体を動かすことなどせ運動不足でもあります。

最近、友人から「白湯」が芸能人などの間で流行っていると聞きました。
毎朝、寝起きに1杯の白湯をゆっくりと飲むそうです。私は、冷え性が悩みな癖に冷たい飲み物や食べ物が大好き。そのせいか、常に体調の悪さを感じていました。
歳だから体がだるいんだ、と思っていましたが【体の冷え】に目を向けて見ることにしました。

それからは、毎日毎朝「白湯生活」です。初めは、飲みなれずにきつかったです。あぁ、冷たいお水を一気飲みしたいとばかり思っていましたが、日に日に白湯に慣れてきます。

こうして一か月、騙された気持ちで飲み続けると、本当に体がポカポカ!なにより実感したことは、便秘が改善され体重が2キロ減りました!心なしかお腹周りも少しすっきりした気分。

今では、朝に白湯は欠かせない飲み物となりました。不思議と、飲み続けていると、白湯が甘く感じるようになるんですよ!

痩せ型だって関係ない!皮下脂肪!?

私には妹がいあるのですが、今まで太ったことはなく、どちらかといえば痩せ型なのですが、実は体脂肪率が高いのです!
妹とジムに行った時に体重と体脂肪を計ったところ、ぽっちゃり体型の私よりも妹の方が体脂肪があり、真っ青になっていました。

帰ってネットで調べてみると「隠れ肥満」というものがあるそうです。

痩せているからと油断していたら、実は見えない部分に皮下脂肪がたまっていて、知らない間に「隠れ肥満」になってしまったのです。

見えている足などに変化がないので気がつきませんでしたが、よく考えたら、お腹は少しぷよぷよしていたらような気もします。

慌てた妹は一駅分歩くようにしたり、気がついた時にお腹に筋肉を入れたら元に戻ってきたそう。1ヶ月ほど注意をして運動を心がけたところ、再度体脂肪を計ると平均値まで下がっていたそうです。

皮下脂肪は見えないところにどんどんついてくるので、痩せているからといって油断は本当に禁物ですね。

また、年齢を重ねると生活習慣病のリスクも高まるので、若いうちから意識して気をつけたほうが良かったなぁと思いました。

四股踏みで毎日5分で簡単ダイエット

年々基礎代謝が悪くなり、脂肪が気になりだす方も多くいらっしゃると思います。(私を含め)
ですが忙しくてジムに通えなかったり、運動があまり出来ない方に簡単で短時間で出来るダイエット方法を私なりにご紹介します。

毎日5分続けるだけの簡単ダイエット方法。
それが四股踏みです。
お相撲さんがよくやるがに股みたいなものですね。

四股踏みは下半身の強化、体感の強化、股関節のストレッチを同時に行うことが出来るため、四股を踏むだけで全身を動かすことができます。

下半身の筋肉量がアップするため、基礎代謝も上がりますし、股関節が柔らかくなるとそれも基礎代謝の向上に繋がります。

四股踏みは片足を高く上げ、そのまま踏み下ろすのが一般的ですが、少し難しいため今回は四股スクワットをご紹介します。

まず肩幅の1.5倍くらいに足を開きつま先を外側に向けます。

手は前で組み、そのまま体を下ろしていき、四股を踏むような体制になります。
この時背筋が丸くなったり、体が前に傾かないようにしましょう。

ゆっくりと体を上げ、スタートポジションに戻ります。
たったこれだけです。毎日5分間続けて、理想の体を一緒に目指しましょう。

夫の内臓脂肪をなんとかしたい

私の夫は私と同じく所謂肥満体。
太っていることは気になりませんでしたがやはり身体は心配です。

この間会社で行われた健康診断で、重症ではないけれど肝臓が弱っていると診断されていました。
なんとか痩せてほしいのですが本人はやる気もなく、食事を減らすつもりもないようです。何よりお米大好き!私が痩せるメニューを調べて毎日気を遣っているのですが、夫はお米を丼いっぱい平らげてしまうので意味がありません。

炭水化物が一番脂肪になるのに、減らすことも良く噛んで食べるという方法も聞き入れてもらえません。そんな状況にずっとイライラしていました。

もう、お米が減らせないなら何か方法を私が考えるしかないのだと思い直して、お米のかさ増しに方向転換することにしました。

お米に混ぜてかさ増しダイエットのできる類いの商品があることは知っていましたが、毎回それを使用するのも金銭的に痛手なので、もう少し安価にできるものはないかと調べてみるとありました。

しらたきを細かく切って煎ったものを混ぜる、えのきを刻んで入れる、雑穀を混ぜると噛み応えが出て満腹感が増すというのもありました。根菜を混ぜて炊き込みご飯にすることも、満腹感が出る上に消化にも良くダイエットに効果的なことがわかりました。

雑穀は夫が嫌がったので外しましたが、毎食お米にしらたきを加えて炊いています。

かさ増ししてることは夫には言っていませんが、今のところ何も気付いていないようです。

少しずつ効果が出てきているので、今後もしらたきを刻んでいきます。(笑)